ライフサポート AI・愛

日本テレネット株式会社

ライフサポート AI・愛

AIがかなえるスマートな暮らし

白川さんとスマちゃん 京都・東山で実証実験中! 白川さんとスマちゃん 京都・東山で実証実験中!

白川さん(70歳)とスマちゃん(スマートスピーカー)の暮らしから気づかされることとは…
シニア世代が楽しく豊かに暮らすヒントを探ります!

ライフサポートAI・愛の主旨

シニアが安心して暮らせる社会を!

「シニアの生活をIotやAI技術を使って支援できないか」

日々を充実させ、セカンドライフを楽しみたいシニアにとってはいかに豊かに生きるかが課題です。暮らしにIotやAI技術をとりいれることが当たり前の時代、「シニアの生活をIotやAI技術を使って支援できないか」と考え立ち上がったのがソーシャルサポート事業「Life Support AI・愛」です。

「シニアの生活をIotやAI技術を使って支援できないか」

実証実験で充実したサポートに

本格的な「生活支援サービス」を開始するに先立ち、京都市東山区粟田学区のシニア家庭を対象に、サービスのお試し(実証実験)を2018年12月より実施することになりました。

検証内容は、シニア家庭(ひとり暮らし・夫婦家庭)約20軒にスマートスピーカー等を設置して、シニアの見守り、シニア生活に必要な情報提供、お困りごとに即したサービスなどをきめ細かに行う実証実験です。

さらには、地域密着型のコミュニティーセンターとコールセンターを東山区に構え、AIだけではなしえない「人によるサービス」も展開します。

検証期間中は、本サイトのほか報告会などでも、検証結果の報告をいたします。

実証実験で充実したサポートに

シニアサポートの第一歩は東山の地から

東山の地からソーシャルサポートを行うことを目指します。

京都市のなかでも寺社仏閣など観光名所が多く、古い街並みが残る東山区は、市内で1番、高齢化率の高い(33.5%)地域です。ひとり暮らしや夫婦二人の家庭も多く、その生活には不便をかんじられることが想定されます。

今回の実証実験で、「Life Support AI・愛」は地域密着型のコミュニティーセンターとコールセンターを古川町商店街内の「古川趣蔵」に設置し、地域の商店さまやサービスを行うみなさまと手を携え、ソーシャルサポートを行うことを目指します。

東山の地からソーシャルサポートを行うことを目指します。

What's New

2018. 12.24
『白川ライフサポートセンターAI・愛』の開所式を開催
2018. 12.03
白川ライフサポートAI・愛のHPページをたちあげました。京都・東山で実証実験が始まりました。

連載漫画 白川さんとスマちゃん

AIがかなえるスマートな暮らし

白川さんとスマちゃん

白川さんとスマちゃんの生活が
今、はじまります…

ときは2020年・・・

70歳を機に大学にもどり、新たに教育を受けようと決意した白川まきさん。

セカンドライフの場に選んだのは大学時代を過ごした京都古川町、町家をリノベーションした通称“AI長屋”です。

部屋に備え付けられたスマートスピーカーを“スマちゃん”と名付け、ふたり暮らしがスタートします。暮らすうちに深まるふたりの不思議な絆。

珍事件続出で笑っちゃう!白川さんとスマちゃんの日常をちょっと拝見…

漫画: 孫の勇くん

バックナンバー

2019. 1.28
節分
2019. 1.21
思い出の音楽
2019. 1.14
血圧サージ
2019. 1.8
鏡開き
2019. 1.1
新年のご挨拶
2018. 12.24
大掃除
2018. 12.17
クリスマス
2018. 12.10
情報網
2018. 12.03
スタッフジャンパー
2018. 12.03
お引越し

生活サポートはこんな仕組みで

利用者の方からのご相談やご要望に応えていきます。

地域のコミュニティーセンターとコールセンターを中核に置き、利用者の方からのご相談やご要望に応えます。リフォームやハウスクリーニングから電池交換まで、地元のサービスサプライヤー等との連携で、できる限り早くシニアに対応できる仕組みをつくります。

実証実験モデル図 実証実験モデル図

地域の皆様とも手を携え

自治体や地域の皆様と情報交換を行います。

京都府、京都市、東山区をはじめ各行政機関とも情報交換を行い、その時々に、可能な支援も受けながらサポートサービスを充実させてまいります。